NPO法人 親支援プログラム研究会

    文字のサイズ

活動日記


セカンドステップ

セカンドステップは、米国ワシントン州にあるNPO法人Committee for Childrenによって開発された、子どもが加害者にならないためのプログラムです。
キレない子どもを育てることを目的として、4歳から8歳の子どもを対象に行われています。

子どもが幼児期に集団の中での社会的スキルを身につけ、自分の感情を言葉で表現できるように、対人関係や問題を解決する能力・怒りや衝動をコントロールする能力を身につけるレッスンが計画されています。
アメリカでの調査では、セカンドステップを学んだ子どもは、言動の攻撃性が減少し、より良い人間関係を持つようになったと報告されています。

プログラムの内容

週1回、約30〜40分のプログラムを、計28回行います。
ぬいぐるみやカードを使い、ある状況におかれた登場人物の気持ちをそれぞれ想像し、子ども達に自由に発言してもらい、みんなで話し合いながら、問題を解決していきます。
セカンドステップには、未就学児向け・小学生低学年向け・高学年向け・中学生向け、及びその保護者向けのプログラムがあります。